2011年3月アーカイブ

The Beatles Goods

user-pic
0

身の回りにあるBeatlesに関する色んな品物を整理してみようと前々から思っていました。
昔のLPレコード、CD、DVD、数々の書籍、またネクタイ、キーホルダー、時計、Tシャツ等
現在、家にある物を引っ張り出して整理してみました。みんな思い出がいっぱい詰まった
品物ばかりです。(写真は全て、クリックで拡大します!)

       Please Click !!
  P3260023_R.jpg  P3260014_R.jpg

LondonのSt.Johns Wood駅のBeatles Coffee Shopで買ったABBEY ROAD のプレート
とLiverpoolにある「Hard day's night Hotel」の1階にあるGalleryで買ったPENNY LANEの
プレートです。どちらも現地調達の宝物です!


 

P4020161_R.jpg  P4020158_R.jpg

P4020159_R.jpg  P3260040_R.jpg

LiverpoolにあるHard day's night HotelのGalleryとThe Beatles Story(Beatles博物館)
で買ったキーホルダーとカンバッチ及びワッペン
です。
                             http://www.harddaysnighthotel.com/ 



 

P4010139_R.jpg  P4010146_R.jpg

このTシャツも、LiverpoolにあるThe Beatles Story(Beatles博物館)で買ったものです。
                http://www.beatlesstory.com/

P4010140_R.jpg  P4010138_R.jpg

Abbey RoadのTシャツは、誕生日にGeorge( 息子)夫婦からもらいました。Johnの
Tシャツはなぜか、北京で売っていたので買いました。



 

P3260109_R.jpg  P3260110_R.jpg

左がLiverpoolの「Hard day's night Hotel」の1階にあるGalleryのラップです。右が
The Beatles Story(Beatles博物館)にあるお店のラップです。



 

P3260111_R.jpg    P3260017_R.jpg

家を買った時に、リビングルームに飾るために買ったBeatlesの額です。今でももちろん
飾ってあります。




P3260019_R.jpg    P3260020_R.jpg

P3260024_R.jpg

これらの額は、LiverpoolのStraberry Fields、CAVERN CLUBの写真及びLondonにある
Royal Albert Hall の実物の写真をA4サイズに拡大し、リビングルームに飾ってあります。

 

 

P3260021_R.jpg  P4010117_R.jpg

左のギターケースに右のLet it beの腕時計が入っています。なかなかのお宝ウォッチです。
また、
時計の左側はLet it beのイラストが入ったZIPPOのライターです。

 
 

 

P3260084_R.jpg   P3260096_R.jpg 

納戸から、LPレコードを引っ張り出しました。左がA hard day's night、右がMeet The
Beatlesのアルバムです。当時は、日本独自のカップリングでPlease Please Meの
アルバムに入っているI saw her standing thereやTwist and Shoutは、Meet The
Beatlesに入っています。


 

 

P3260091_R.jpg   P3260097_R.jpg 

左がBeatles For Sale、右がHelpのLPです。Beatles For Saleの写真が大好きで原宿の
GET BACKでポスターを買って、パネルを作りました。

 

 

P3260088_R.jpg   P3260095_R.jpg

左がRevolver、右がSgt.Pepper's Lonely Hearts Club BandのLPです。Sgt.Pepper's に
日本の福助人形が描かれているのが印象的でした。

 

 

P3260085_R.jpg  P3260092_R.jpg

左がMagical Mystery Tour、右は世界で一番有名な横断歩道を渡るBeatlesを描いた
Abbey RaodのLPです。この横断歩道を渡るためにロンドンに行きました♪

 

 

P3260093_R.jpg  P3260100_R.jpg

左がApple版のLet It Be、右は台湾で買った海賊版のLet It Beです。海賊版には漢字で
カブトムシ合唱団と書かれているのが面白いですね。




P3260101_R.jpg   P3270044_R.jpg

左は、Beatles解散後に、Paulが初めて出した「McCartney」のLPです。右は1971年
12月に、NYのマジソン・スクウェア・ガーデンでGeorge Harrisonが開催した「バングラ
デッシュ・チャリティコンサート」の3枚組のLPです。 ジョージ・ハリスンをはじめとして,
ビリー・プレストン, リンゴ・スター, ボブ・ディラン, レオン・ラッセル, エリック・クラプトン,
ラヴィ・シャンカール, ドン・プレストン, ピート・ハム等、世界のミュージシャンが集まった
コンサートです。コンサートの売り上げ・レコードの売り上げ・映画の売り上げを、ユニセフ
を通じてバングラデッシュの子供達に寄付し、George Harrisonは国連表彰を受けました。
これがきっかけで長男にGeorgeと名づけました。




P3260099_R.jpg    P3260094_R.jpg

Jhon LennonのOld Rock&RollのLPです。Be-Bop-Lula、Stand By Me、Slippin And Slidin
Sweet Little Sixteen等のOld Rock&Rollの名曲が盛り沢山です。ハンブルグ時代のリーゼント
のTeddy BoyスタイルがLPのジャケットに使われています。




P3260082_R.jpg   P3260083_R.jpg

「オールディズ・ビートルズ」のLPは、Help、Yesterday、She Lves You、Michelle等
お馴染みの曲ばかりが入っていますが、ついつい買ってしまうのですね・・・!
また、ポールの「Tug Of War」のLPには、スピーディ・ワンダー、カール・パーキンス、
リンゴ・スター等が参加しています。また、亡きジョン・レノンにささげた「Here Today」が
入っています。




P3260106_R.jpg    P3270115_R.jpg

Beatlesのネクタイも3本あります。すべて本物のインポート物です。左のネクタイは、
Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band時代のBeatlesの写真が入った紺色の
ネクタイです。ダークスーツを着る時に使います。右のネクタイも同じ時期の写真が
入った黄色のネクタイで、サマースーツを着る時に使っています。
真ん中のネクタイは、Revolverのアルバムと同じ、彼達が10代の頃ハンブルグのクラブ
で演奏をしていた時に知り合ったKlaus Voormannが
イラストを書いたお気に入りのネク
タイです。右のフィギアは、George Harrisonのフィギアですが、顔をよく見るとPaulの顔
に見えてなりませんが、右利きなのでGeorgeなのでしょう♪
   




 
P3260026_R.jpg    P3260015_R.jpg  

左の額は、玄関ホールの飾ってあるJohn Lennonのサイン入りのGibson J160Eの
ギターです。色違いですが、同じJ160Eを私も持っています。右の額は、リ
ビングの
飾ってあるJohnが
愛用のRickenbacker325を弾く写真です♪




P3260025_R.jpg    P3260027_R.jpg  

左の額は、映画Helpの写真でバハマの海での写真です。右の額は、言わずと知れた
LondonのAbbey Roadを歩くBeatlesの写真で、アルバムAbbey Roadの写真です。
この横断歩道は、また行きたいですね!これらは2階の楽器部屋に飾ってあります。




P3260036_R.jpg    P3260029_R.jpg

左はBeatles For Saleのポスターを、原宿のGET BACKで買って自分で作ったパネルです。
とても気に入っています。右の額と一緒に、私の寝室に飾ってあります。




P3260028_R.jpg   P3260033_R.jpg

左の額は、JohnのImagineの写真で、2階のホールに飾ってあります。右の額は、Beatles
のカレンダーで、楽器部屋に飾ってあります。




P4020163_R.jpg  P3260041_R.jpg

左のYellow Submarineのナンバープレートは、誕生日に息子夫婦からもらった物です。
なかなかお洒落で、2階の楽器部屋に飾ってあります。右のYellow Submarineのキー
ホルダーは、LiverpoolのThe Beatles Story(Beatles博物館)で買った物です。




P3260068_R.jpg    P3260069_R.jpg  
いよいよCDコレクションです。まずは、左からデビューアルバムの「Please Please Me」
「With TheBeatles」「A hard day's night」「Beatles For Sale」右側が「Help」「Rubber
Soul」「Revolver」「Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band」です。




P3260072_R.jpg    P3260073_R.jpg

左が「The Beatles(White Album1,2)」「Yellow Submarine」「Abbey Road」の各アルバム
です。右が「Let It Be」「Magical Mystery Tour」「Hey Jude」及びPaulの「Best Selection」の
アルバムです。
 

 

P3310006_R.jpg    P3310005_R.jpg

左は、Beatlesのプロデューサーであるジョージ・マーティンと息子のジャイルズ・マーティン
親子が手がけたBeatlesの名曲の編曲版で、Georgeが歌うアコースティック・バージョンの
「While MyGuitar Gentry Weeps」とかPaulが歌う「Black Bird」の演奏から「Yesterday」
に続くナンバーとか「Drive My Car」から「The Word」「What You Doing」に続くナンバーとか
まるで「Abbey Roag」LPのB面のような感じがする素敵なアルバムです。
右は、イギリスの「レコード・リティーラ」とアメリカの「ビルボード」で1位になったナンバー・ワン
の曲を集めたアルバムです。




P3260075_R.jpg  P3260076_R.jpg

右は、Let It Beのアルバムが編集の段階で、かなりアレンジされBeatlesが演奏した本来の
音楽とは、一部違っていることに不満を持ったPaulの提案で編集され直したアルバムで、本来
の「自然なままの」音(=「裸」すなわち「ネイキッド」)を生かすことで当時のビートルズが作ろう
としていたアルバムに近づいたことは確かであり、「Let It Be NAKED」の名もここから付けられた。
左は、イラストが可愛いYellow Submarineのアルバムです。
 



 

P3260056_R.jpg  

1994年に2枚組で発売された未公開音源による公式アルバムであり、イギリスBBC
ラジオ放送で1963年から1966年にかけて行われたライブ音源を集めたものである。
彼ら4人の肉声でのやりとりと、プロデューサーであるジョージ・マーティンとのやりとり
が面白いお宝アルバムです♪



P3260077_R.jpg    P3260055_R.jpg  

左は、「LENNON LEGEND」のアルバムで、Beatles時代の「Mother」や名曲「Imagine」
「Stand By Me」などが入ったJohnnの作品の中でも最も人気の高いアイテムの1つです。
右は、アコースティック・バージョンの名曲を集めたアルバムで、ギターで弾く「Love」は
最高です。.




P4020148_R.jpg     P4020153_R.jpg

ついに、デジタル・リマスター盤「The Beatles BOX」の登場です♪
14CDと1DVDが入ったお宝アルバムです♪♪渋谷や銀座のCDショップに、世代を超えた
Beatlesファンの大行列が出来て、2009年9月9日午前0時の発売となりました。私は、事前
予約をしていましたので高見の見物状態でした!i-Podに全曲入れて、通勤時間に毎日聞い
ています♪
右のCDは「Please Please Me」「With The Beatles」「A hard day's night」「Beatles For
Sale」のアルバムです!


 

P4020150_R.jpg   P4020151_R.jpg  

左のCDが「Help」「Rubber Soul」「Revolver」「Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band」の
アルバムです。
右のCDが「Magical Mystery Tour」「The Beatles(White Album1,2)」)」「Yellow Submarine」
「Abbey Road」の各アルバムです。




P4020152_R.jpg  

「Let It Be」のアルバムとオリジナル・アルバム未収録のシングル曲等を収録した「PAST
MASTERS」の2枚組アルバム、そして各オリジナルアルバムに収録されているミニ・
ドキュメンタリー映像をまとめたDVDがあります。



  http://www.abbeyroad.ne.jp/

P3270045_R.jpg    P4090004_R.jpg    

左は、六本木交差点裏のCAVERN CLUBのメンバーズカードとミッドタウン傍にあるABBEY
ROADのメンバーズカードです。CAVERN CLUBは、20数年前からよく行っていましたが、
昨年11月に、電気系統の故障がありしばらく閉店していましたが、今回の大震災の影響で
代替ビルがなかなか見つからず、クローズとなったようです。George Harrisonの子供の頃の
メンバーズカードは、大事に保管しておきます。右は、CAVERN CLUBのコースターとRingoの
マッチです。ABBEY ROADは、毎月15日がプレゼントデーになっていて、来店者に色んなプレ
ゼントが当たるようです。これからは、ABBEY ROADに行ってBeatles Liveを楽しむしかない
ですね。
 




P3260108_R.jpg     P4040020_R.jpg    

P4090012_R.jpg   P4090006_R.jpg      

この本は、2000年10月に発売された「The Beatles ANTHOLOGY」の初版です。
Beatles4人の生い立ちから、JohnとPaulの出会いそして、Georgeを加えたグル?プの
結成(当時は、Paulはギターで、ドラムはピート・ベスト、ベースはスチュアート・サトクリフ)
年齢を誤魔化しハンブルクのナイトクラブでの演奏、リバプールに戻ってRingo Starrを加え
たBealesメンバーでのキャバンクラブでのライブ活動、彼らを世に出した辣腕マネージャー
ブライアン・エプスタインとの出会いと、それからの世界的な快進撃とバンドの解散等までの
出来事が写真及び彼らのサイン、作詞・作曲のメモや手紙等で記録されています。





P3270113_R.jpg     P4050001_R.jpg   

この本は、「Beatles辞典」です。The Beatles ANTHOLOGYと同じような内容ですが、
Beatlesのゆかりの街(London、Liverpool)がはじめに写真入りで紹介されていて、
現地に行った時にとても役にたちました。1962年から1970年の彼らの出会いから活躍
またLive Tourや彼らの演奏に使った楽器^、交友録、映画出演の記録、名言集等が
詳細に紹介されています。また、彼らの全ての曲と楽器、アルバム、CD、DVD等も紹介
されています。1971年から2002年の4人活躍、Johnが亡くなった後の回顧録や各自の
Live Tour等が詳細に記録されています。





P3260062_R.jpg    P3260064_R.jpg  

左の本は、Beatlesの全作品213曲を、日本語に翻訳したものです。彼らの思いと若干違って
いるかも知れませんが、全曲の歌詞が良く分かり、歌う時に感情が入ります。
右の本は、解散後に発売されたNAKEDをはじめとしたアルバム5枚とシングル3枚に収録された
208曲を徹底分析した本です。




P4010141_R.jpg    P4010132_R.jpg  

P4010131_R.jpg    P4160004_R.jpg

これらの写真は、Beatlesのアルバムや写真集等、彼らのほとんど写真を撮影した写真家の
Robert Freemanのインポート写真集の本です。レコーディング風景や、出演した映画(A hard
day's night、Help)のシーンや物思いふける各自の写真等、お宝満載の写真集です。
特に、アルバム「Beatles For Sale」の写真が大好きです♪




P3260059_R.jpg     P3260060_R.jpg

左は、リマスター版の213曲を完全に開設したバイブルです。全ての曲の録音日・録音
スタジオ、 プロデューサー・エンジニア・ミキシング・シングルバージョン・アルバムバージョン
使用された楽器、リードボーカル・コーラス等を解説しています。
右は、George Harrisonの魅力・軌跡・ライブ活動・使用楽器・音楽作品・映画/ビデオ作品・
仲間・手がけた書籍等について、約400ページにわたり解説しています。彼のライブは、何と
言っても「バングラデッシュ・チャリティコンサート」が最高です♪♪






P3260065_R.jpg  P4020157_R.jpg

左は、BeatlesのPost Cardです。とても大事なカードなので、永久にハガキを書くことは
ないでしょう。右の本は、Beatlesの楽譜です。Best Song73曲の譜面が掲載してありますが
213曲全曲ではないので、楽譜の本を何冊も買わなければなりません!





P4020155_R.jpg   P4020156_R.jpg

左の本も、Beatlesの楽譜です。今までの楽譜になかった曲が入っていると、ついつい買って
しまいます。右は、ピアノレッスンの楽譜です。ピアノは弾けませんが、何時かは弾けるように
と思い買ってしまい、今はギターのコードブックとして使っています。


 



 

P4090003_R.jpg    P3260043_R.jpg

左は、Beatlesの映画「HELP」と「ヤア・ヤア・ヤアビートルズがやってくる」のビデオです!
「Magical Mystery Tour」のビデオも持っていましたが、人に貸したら無くされてしまいました。
「右は、よくよく探したらPaulのキーホルダーが、出てきました。これもThe Beatles Story
(Beatles博物館)で買ったものです。ラッキー!
!





P4020154_R.jpg      P3260047_R.jpg  

いよいよDVDコレクションです!まずは、左のDVDは5枚組の「The Beatles ANTHOLOGY」
です。書籍にも同じANTHOLOGYがありましたが、そのDVD版です。No1&2は、Beatlesの
幼年時代からBeatles誕生、No3&4は、爆発的な人気とアメリカ上陸と世界制覇、No5&6は
栄光と狂乱およびレコーディング革命、No7&8は、愛こそすべてとBeatles解散、そしてもう1枚
は、回想録が綴られています。
右は、映画「Help」のDVDと「A hard day's night」のDVDです!レコードもCDもビデオも持って
いますが、ついつい買ってしまいます。




P3260049_R.jpg    P4090007_R.jpg  

左のDVDは、アメリカでエド・サリバンショーに出演した時のもので「From Me To You」を
歌っています。そのとなりは、Geroge Harrisonの「バングラデッシュ・チャリティコンサート」 
です。リンゴのドラム、レオン・ラッセルとクラウス・ボアマンのベース、エリック・クラプトンの
ギターで歌う「While My Guitar Gently Weeps」は最高傑作です♪
右は、PaulのDVDで左が1993年のワールド・ツアー、その右は、2002年のアメリカ・ツアー
のDVDでトム・クルーズ、マイケル・ダグラス等が観客として写っています。





  P4090011_R.jpg    P3260051_R.jpg

左は、3枚組のDVDで「PaulMcCartney ANTHOLOGY」です。70年代から80年代そして
2000年代まで、それぞれの時代の象徴となったソロやWings時代のナンバーと最後に
Beatles時代の数々のナンバーが数多く入っています。
右のDVDは、まずはRingoのDVDで、1989年のLAのクリーク・シアターでのオールスター
バンドのライブ版です。その右は、Johnの「Imagine」のDVDで、UKのアスコットにある
白亜館の自宅スタジオで収録されたアルバム「Imagine」のレコーディング模様が収録
されています。
 

 

 

 

 

 



このアーカイブについて

このページには、2011年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年5月です。

次のアーカイブは2011年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ